2016年05月02日

映画【VISIT ヴィジット】レビュー(ネタバレなし) / やっぱり大好きPOV。


やっぱりシャマランはホラーを撮った方がいいと思うわけ。


3つの約束・・・って、そんなの出てきた?.jpg





【解説】
「シックス・センス」「サイン」のM・ナイト・シャマラン監督が、「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」といった人気ホラー作品を手がけるプロデューサーのジェイソン・ブラムと初タッグを組んだスリラー。休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メインビルへとやってきた姉妹は、優しい祖父と料理上手な祖母に迎えられ、田舎町での穏やかな1週間を過ごすことに。祖父母からは、完璧な時間を過ごすためにも「楽しい時間を過ごすこと」「好きなものは遠慮なく食べること」「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」という3つの約束を守るように言い渡される。しかし、夜9時半を過ぎると家の中には異様な気配が漂い、不気味な物音が響き渡る。恐怖を覚えた2人は、開けてはいけないと言われた部屋のドアを開けてしまうが……。(映画.comより引用)




スポンサーリンク





【解説】に記載は無いけど、あたしの大好きなPOV(フェイクドキュメンタリー)作品。


祖父母の家で休暇を過ごしながら
自分の家族をテーマにしたドキュメンタリーを製作しようとする
15歳の姉のベッカと13歳の弟のタイラーが恐怖の体験をする、というお話ね。





最近は撮る作品がことごとく厳しい評価を受けてばっかりの
M・ナイト・シャマラン監督最新作、ということで全く期待しないで観たのよね。


まあなんて酷い言い草かしら!だなんて言わないで。


あたしがいつも解説を引用させてもらってる映画.comでは
こーんな皮肉った特集組まれるぐらいだからね。↓

シャマランの代わりに映画.comが皆様にお願い。今回こそ期待してください、信じてください!





この特集はちょっと本作を持ち上げすぎな気もするんだけど、
ホラー好きであれば人を選ばずオススメできるくらいには面白かったわ!


そもそもPOV(フェイクドキュメンタリー)作品ってだけで
もう5割くらい許せてしまうくらいこのジャンルに目が無いあたしなんだけど。


でも、そんなひいきを抜きにしても十分楽しめる正統派ホラーよ。





とにかくPOVというジャンルの魅力を製作陣がきちんと理解してるのがよくわかるのよ。


狭い空間での追いかけっこ、隠しカメラ、複数台のカメラでの同時進行、などなど、
とりあえずPOV方式でできる演出は全部やってみました、って感じ。


やっぱりPOVってホラーと相性いいわ〜。


子供が主人公のPOVホラーってありそうで意外と無かったんじゃないかしら?
子供の視点を通すことで、ジュブナイル的に好奇心を刺激する効果もあると思うの。
この映画観てるときって、怖いだけじゃなく、どこか冒険するようなワクワク感もあったもの。





それとこの監督、最近はファンタジーとかSFとかいろいろ撮ってたけど、
やっぱりホラーが向いてる人なのだと改めて感じたわ。


静と動の緩急の付け方とか、ジワジワと迫るような恐怖の描き方とか上手いのよ。
どこか日本のホラーに通ずるものがある気がするわね。





で、映画の予告編では監督自身が「あなたは既に騙されている」とドヤ顔で言ってるように
シャマランお得意のどんでん返しも健在。


予告編からもわかる通り、祖父母にはある秘密があって、
それこそがこの映画のキモでもあるんだけど。
この真相、というのが、まあそこまで度肝を抜くような内容ではないのよね。


個人的には結構ゾクリとする展開だったんだけど、
これが肩透かしだったっていう人もいるみたいね。


あまり壮大な話にしすぎると、POV方式じゃ風呂敷畳みきれない場合が往々にしてあるから、
あたしはこれで正解だったと思うけどね。





ストーリー自体はいくつかツッコミどころはあるんだけど、
無駄に謎を残すこともなくきちんと伏線を回収して終わるから
スッキリとした気分でエンドロールを迎えられると思うわ。


とにかくネタバレは観ないで鑑賞してほしいの!
まだ観てない人は今すぐチェックよ〜〜!!!








・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・








とは言うものの。
やっぱりどんでん返し系の映画ってストーリーネタバレしないと話は始まらないわね。


詳細はネタバレレビューで!


ネタバレレビューはコチラ↓
映画【VISIT ヴィジット】ネタバレレビュー / どんでん返しに期待しすぎちゃダメ。





スポンサーリンク

posted by ゆずぽち at 22:54 | Comment(0) | 映画【ア行】レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: