2016年04月09日

映画【リアル鬼ごっこ(2015)】ネタバレレビュー / シュールに負けんな!!!


シュールがどうとかいう問題?これ。


セーラー服と血のりっていいわよね〜.jpg



スポンサーリンク



ネタバレなしのレビューはこちら↓
映画【リアル鬼ごっこ(2015)】レビュー(ネタバレなし) / 清々しいくらいに酷かったわ〜。



ネタバレなしのレビューでは酷評したけど
一つ一つのシーンを思い返したら何か変わるかもしれないわ。


というわけで冒頭から順々に思い出しながら書いてくわね。





【冒頭・ミツコの修学旅行編】



ここはものすごかったわよね。


女子高生たちがバスごと両断されてゴロゴロ転がってくなんて素敵アイデア、
どんな脳みそしてたら思いつくのかしら。


けど、凄まじいシーンのはずが、なぜだかそこまでグロくは感じない不思議。
切断部分がハッキリ映ってないからかしら?


トリンドルが逃げるときのへっぴり腰が
いかにも走り慣れてない文系少女って感じで可愛いわ。




【登校・サボり・そして殺戮編】


冒頭でハードコアな大量殺人描写を描いた直後に
普通の女子高生たちの日常が始まる、という展開はなかなか新しいわね。


普通のホラーなら日常から非日常を描くって流れが定石だから、これは新鮮だったわ。
まあ映画として効果的かというと少し疑問ではあるけれど。




しっかしよくパンチラする映画よね〜。
なんかパンツが妙にボリューミーで紙オムツに見えるのはあたしだけ?


狙って見せてるのは明らかなんだけど、
こんなワカメちゃんみたいなモッサリパンチラの意味って何??


ギャグでやってんのか、まさか本気で色気を狙ってる・・・?
どっちにしろ壮大にスベってるんだけど。




女性教師が「ぬぁああぁあぁ〜〜〜〜!!!」って叫びながら
マシンガンを乱射するシーンはなかなか迫力あってイケてるんだけど。
残念ながらこの映画の盛り上がりどころはここまで!


この後のシーンはほんとVシネレベルの安っぽさで観てらんない。




ここから登場するミツコの親友、アキが純粋に良い子なのよね〜。
嫌味のないサバサバ女子って感じですごく好感が持てるわ。


ほんとこの映画って女の子たちの演技はなかなかいいのに、もったいないわ〜。





【豚と結婚する篠田麻里子ケイコ編】


元AKBの女の子の新郎に豚男を持ってくるなんてなかなかエグいことしてくれるわね。
しかもたくさんの女たちに「バカ!ブス!」と罵られる始末・・・。


篠田麻里子はもうすぐ公開の映画『テラフォーマーズ』でも
元少女売春組織のリーダー、というAKBを揶揄してるとしか思えない役を演じてる・・・。


もうちょっと仕事選んでもいいんじゃない?と思う反面、ちょっと好感持てるわw




アクション頑張ってるのはわかるんだけど、悲しいかな、迫力はゼロ。
これは演出というかカメラワークというか、単純に監督の力量不足のような気が・・・。





【マラソンランナー・イズミ編】


もはやここらへんは考える気も失せるほど意味不明でつまらなかったわ。


思い出せることといえばイズミ役の真野恵里菜の
腕がガリガリすぎて若干引いたことくらいかしら。


ちゃんとご飯食べて運動しなさい!!





【自分を取り戻すミツコ編】



このシーンは個人的にすごく好きなのよ。


意味不明な世界の中、唯一信じられる親友の言葉にひたすら従うミツコがいじらしくてさあ。


『自分が自分である』ことだけが、不条理な流れの中でも
絶対に揺るがない真実であることを強く確信するミツコの姿がまたグッとくんのよ。


ほんとトリンドルが健気でいい演技してるわ〜。


悔しいけど、今までのシュールな展開がこのシーンのためにあると思えば
まあ納得できなくもないのよね。





【未来、そしてノリノリの斎藤工からのエンディング】


・・・・・そうね〜。
ここでの感想と言えば〜。


この未来のゲーム、クソゲーだろうなってことと、
こんなわけわからん役を全力で演じた斎藤工の株が爆上げってことくらいかしらね。









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・










なんとなくシュールな世界観の中に監督のメッセージのようなものは確かに感じる。
でもメッセージ込めるのは面白く仕上げてからにしろって言いたいわね。


シュールに負けんな!じゃねーーーーよ!!





スポンサーリンク

posted by ゆずぽち at 22:55 | Comment(0) | 映画【ラ行】レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。