2015年11月05日

映画【SAW3 ソウ3】ネタバレレビュー / 今回もエグいゲームばっかり!!(褒め言葉)

グロに慣れてるあたしでも結構キツいわぁ〜。

このゲームの本当のプレイヤーは・・・.jpg




スポンサーリンク






ネタバレなしのレビューはこちら↓
映画【SAW3 ソウ3】レビュー(ネタバレなし) / グロいけどちゃんとドラマもあるわよ!




今回も楽しくグログロなデスゲームがてんこもり!
例のごとく、ゲームごとに考察していくわねー。




【どうにかバスルームを脱出しようゲーム】


2作目の直後から3作目の冒頭が始まるって流れ、結構好きよ。


正確にはゲームではないんだけど。
やっぱりここでのエリックの頑張りは見逃せないわよね〜。




ノコギリで足を切断するのは怖い・・・
じゃあ足の骨砕いちゃえば良くない?!



・・・いやいやいや・・・無茶するわね、エリック。
・・・ノコギリに比べたら確かに短時間で済むのかもしれないけど・・・。


しっかり足が砕けていく過程がじっくり見られるわ。
きっつぅ〜。




アマンダ、2作目のラストでかっこよく「ゲームオーバー」ってキメたはいいけど、
鍵くらいかけときなさいよ!


結局負けちゃうけど、片足がバキバキにイッちゃってる状況で
アマンダとほぼ互角の殴り合いをしたエリックの健闘を称えたいわね。


さすが暴力刑事!




【鎖をぶっちぎって爆弾から逃げようゲーム】


一緒に映画館に行ったグロ苦手な友達がたまらず席を立ったのがこのゲームの冒頭w


いや〜、たしかにこれはきっついわね。
鎖が直接体につながれてる状況がもうすでに超痛そう・・・。


しかも制限時間1分半って!いくらなんでも厳しすぎ!
あたしならなるべく楽に死ねるように大人しく念仏唱えるわね。




プレイヤーのトロイはめちゃめちゃ頑張ってたけど、結局ドア溶接されてて脱出は不可能・・・。


あんまりだわ〜〜!!!


鎖から肉がちぎれるところから、爆弾で吹っ飛んだ内臓までしっかり映っちゃう。
これだけでR-18レベルじゃねーの?と言いたくなるゲームね。




【カギは酸の中だよゲーム】


傾けて酸こぼしちゃえばいいじゃん、とツッコむのは禁止よ。


まあでもプレイヤーのケリー刑事はずっとジグソウを追ってきた人だから。
真っ向からゲームに向き合わず、ズルをすることで
どんなペナルティがあるかわからない
、と強引に解釈することもできるかもw




「お前は心が死んでいる」とかよくわからない理由で死のゲームを強いられるケリー。


いくらなんでも理不尽よね〜。
単純に追っ手としてウザかったから排除したいだけでしょ!と問い詰めたい。


そしてまた制限時間は1分!だから厳しいって!




まー、これも頑張ろうが諦めようが待ってるのは死、のみ。


なんかこうなると今までのゲームも本当にクリアできるように作られてたか疑問だわね。
2作目冒頭のデスマスクのゲームなんて怪しいわ!
あのときもうアマンダが関与してるだろうし、あれも結局死んでしまう理不尽ゲーだったのカモ。




【凍える女を許せますかゲーム】


ジェフの息子の事故を目撃しながら証言をしなかった女が
全裸で極寒攻めに遭う、というマニアが喜びそうなゲームね。


グロさは無いけど、なかなか観ててキツくなるゲームだわ。




関係者と知ったとたんジェフの女に対する態度が一変するのが怖い・・・。


しばらく苦しんだのを見て満足したところで、さて助けるか、と思ったときにはもうカチコチ。


この後のゲームもそうだけど、いちいち行動が遅いのよジェフ!!
人を許すことの難しさ、が今作のメインテーマだから、葛藤するのはわかるんだけどさ。




【豚汁に沈む男を許せますかゲーム】



ジグソウを演じる役者、トビン・ベルの一番のお気に入りがこのゲームですって。
さすが通は一味違うわねw


確かに権威の象徴である判事が、
ミキサーされた腐った豚肉で溺れ死ぬ
、ってスゲー発想よね。
もう観てるだけで腐臭が漂ってきそうなゲーム。


クリアの条件は息子の遺品を燃やすこと。
ゲーム内容・クリア条件ともに身体的ではなく精神的にいたぶってくるってのは
ソウシリーズの中でもかなり珍しい部類だわね。




【関節捻じ曲げられてる男を許せますかゲーム】


今作の一番の見所と言っても過言ではないハードなゲームね。


映画館でどっかの席から「ひぇぇ・・・」と声が漏れてきたのを思い出すわ。




豚汁ゲームから一転して、身体的苦痛を最大限に与える内容。
左肘・右肘・左膝・右肘とジワジワジワジワ・・・・・・。


このゲームに限らずだけど、結局プレイヤーのジェフに自分の生死がゆだねられていて
自分は耐えるしかない
ってところがキツいわよね。


このゲームのときのジェフがイイ表情してんのよね〜。
息子を殺した男を憎む気持ちと、
一人の人間として命を救いたい気持ちの葛藤っていうのかしらね。




結局カギを手に入れたはいいけど鍵穴の場所がわからず、絶命・・・。


こんなでかい装置なんだからそこはわかりやすくしといてよ!!!




【ジグソウを生かしておかないと首輪爆発するよゲーム】


監禁された女医、リンがつきつけられたゲームね。


ジェフのゲームが終わるまでジグソウを生かしておけって話だけど、
ジグソウどんだけギリギリよ。


ジグソウの脳みそ露出っていう無駄なグロ描写もあり。
この手術シーンはなかなか緊迫感あって結構好き。


ちなみに手術中のジグソウの回想シーンに
2作目に登場したプレイヤー「オビ」
がチラッと出演w
オビは焼却炉で焼け死んじゃった人ね。
ほんとただの通行人としてチラッと映るだけだけど、ニヤリとしちゃうわね。


術後にリンが外していた結婚指輪をはめて夫を思い出し、悲しげに微笑むシーンが切ないわ。


彼女は見事このゲームをクリアするんだけど、結局は・・・・。




【リンを殺したらジェフに殺されるよゲーム】


実はリンとジェフは夫婦だったのだー!!
共犯者かと思いきやアマンダもジグソウに試されていたプレイヤーの1人だったのだー!!

というどんでん返しオチね。


伏線はそこかしこに張られているんだけど、なかなかどうして気付かないものね。


序盤、リンの不倫現場を
倦怠期の夫婦であるかのように見せている
シーンなんて上手いわよね〜。
セリフの一つ一つが丁寧に計算されているのがわかるわね。




セリフと言えば、少し気になるのが、アマンダがリンを撃った直後のジグソウのセリフ。
「4つの命を破滅させた」って言うんだけど。
この4つってのは果たして誰のことかしら???


単純に考えると、ジグソウ、アマンダ、リン、ジェフ、ということになるのかしらね。


アマンダがリンを撃つ→ジェフがアマンダを殺す→ジェフがジグソウを殺す→リンが死ぬ・・・
という負の連鎖をこの時点で読んでいた、ということ?


でもそーなると、最後ジェフは生き残ることになって死ぬのは3人よね。
それとも4人目の命は監禁されている娘??




もっとシンプルに考えると、アマンダが直接手を下した人たちとか。


トロイ、ケリー刑事、アダム、リンの4人、と考えることもできるけど
それはちょっとひねりが無さすぎっていうか、
元の英語のセリフ「You just destroyed four lives」にも合ってない感じ。


う〜〜ん、釈然としないわ。
これについては4作目で明かされていたような気もするけど、どうも記憶が曖昧・・・。
4作目のレビューで気付いたら書くわね。




もう一つ気になるのが、これまたアマンダがリンを撃った直後。


ほんとに一瞬だけどジグソウがニヤリと笑ってるのよ。
その後は神妙な顔して「ゲームに勝ってほしかった」とか言ってるけど・・・
このじいさん、やっぱりなんだかんだでゲームを楽しんでんじゃねーの?と思うのね。


観直してて一番ゾッとした瞬間カモ。




【最後ジグソウを許せるかなゲーム】



この映画であたしが気に入らないのはココ!


いや、流れとしてはお見事だと思うのよ。
憎しみの連鎖で最終的に愛する人を失ってしまう皮肉。
ソウシリーズの中でも珍しくメッセージ性がかなり強いラストよね。


ジェフ、リン、アマンダ、3人のストーリーを描きながら
それぞれの立場で「人を生かすこと」を試されていた、
という1つのテーマにまとめている点も素晴らしいわ。




でもやっぱ心情としてはさ




許せるわけねーーだろがーーー!!!と思うわけ。




ていうか自分を苦しめた張本人が目の前で
「ほれ、試してやるよ。許してみろよオレを」なんてほざいてたら
ふざけんな何様だボケ!ってなるわよね。


何より、ジェフとリンが可哀想すぎ・・・。
2人ともこんなに頑張ってこの結末はあんまりだわ。




でもジェフもジェフよね〜。
救急車を呼ぶっつってんのにジグソウ殺しちゃったらさ、
首に爆弾ついてなかろうが、撃たれたリンは死んじゃうじゃないの!


そこまで冷静な判断を求めるのも酷な話かしら。





・・・・・・・・・・・





観直してみたら、かなり計算された脚本ってことがわかってきたわ。


ゲーム内容もユニークなものが多くて、改めて面白く鑑賞できたし。


映画館で観たときは「なんか微妙ね〜」って感想だったけど
やっぱり何回か観直すことで評価は変わるものね。


「グロしかない映画になった!」って嘆いている人は
ぜひもう一度、脚本にも注目して観直してみてほしいわ。
新たな発見があるかもしれないわよ。




次はソウ4ね。
ここらへんからだいぶ微妙になってきたような気が・・・。
印象もだいぶ薄くなってきてるわ・・・。


ではでは、また次回のレビューでお会いしましょう。




今回レビューした映画はコチラで見放題!(記事掲載時)
Huluで今すぐ視聴!今なら無料視聴実施中!




スポンサーリンク

posted by ゆずぽち at 02:55 | Comment(0) | 映画【サ行】レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。