2015年09月22日

映画【REC】ネタバレレビュー / POV方式の弱点について考えてみたわ

ストーリーが・・・

rec B.jpg



スポンサーリンク





さてさて、ネタバレなしのレビューでは本作の問題点としてストーリーを挙げたわね。
ネタバレなしのレビューはこちらから↓
映画【REC】レビュー(ネタバレなし) / 感染系ホラーの良作よ!






何が問題か、それは観た人ならわかると思うけど、
ストーリーが本作だけでは全く完結していない、ということ。


事の真相、結末は一切明かされないまま突如終わりを迎えるからね。
主人公アンヘラの安否すら不明・・・。


アパート住人たちの意味深なセリフ、時折別の階から響き渡る悲鳴、
そして最上階での謎の記録の数々・・・
などなど、
お話を読み解くヒントっぽい情報があちらこちらに散りばめられているにも関わらず、
全くまとまることなく終了。


「こういうことなのかしら?」レベルの想像はうっすらできるかもしれないけれど、
人によってはかなりの消化不良感を覚えるかもね。




後半、アンヘラたち以外のアパート住人が散り散りになったあと、
どんな最期を迎えたのかもわからないわよね。
一瞬離れた後、再会したときにはもう感染者・・・。
これはやっぱりホラーとして少し味気ないわ。


ほら、海外のホラーを観るときって
「この人は一体どんな死に様で展開に華を添えてくれるのかしら?」って考えるじゃない?
悪趣味だけどさ。


特に今作は個性豊かで魅力的なキャラクターをたくさん揃えてるのにすごくもったいない!


日本人家族の息子はどうなったの?老夫婦は?
てか途中明らかに1Fにはいなかった女感染者いたけどあれ誰?!




ねぇ誰か教えて!!!!





・・・それもこれも、
POV方式のもう一つの弱点に見事にやられた結果なのよね。




それは何かって言うと
「カメラ(登場人物)の目の前で起こっていること以外の情報が一切入ってこない」ということ。




何言ってんの?当たり前じゃない?って感じかしら。


当たり前ではあるんだけど、これは通常の映画では起こりえないことなのよね。


例えば今作がPOV方式じゃなかったとしたら。
事の真相はこういうことだったのよ、ホホホ!と黒幕の視点から語らせれば、
お話としては簡単(陳腐な展開だけどね)。
事件の発端として過去の映像を挿入することもできるわね。
各キャラクターの視点に断片的に情報を織り交ぜて推測させる、ってのもアリよね。


他のアパートの住人にサッとカメラを合わせて経緯を見せてしまえばそれぞれの末路も丁寧に描写できちゃう。




つまり、POV方式の今作においては「多数の視点を描けないことによる情報不足」という大きな弱点があったのね。




これはPOV方式を採用している全ての映画に言えることで、
ストーリーが曖昧のまま「結局何だったの?」って感じで終わる映画がすごく多いのよね。


というわけで、ストーリー重視の人にはなかなかオススメしにくい映画になってしまってるのが今作の残念ポイント。




・・・・・・・・・・・




と、ここまで書いといて何なんだけど。
今作の場合、あえてボカして見せている部分がかなり大きいと思うわけ。


だって上の方にも書いたけど、お話の中でヒントはこれでもかというほど提示されているもの。
POV方式、さらに75分という短時間上映という制約のなか、
あれだけの情報を描写できる技術がありながらそれでも真相を隠したのは、
「あえてそうした」としか思えないのね。




ここからはあたしの勝手な推測だけど。
製作陣は、通常はストーリーを紐解く材料とすべき
「断片的な情報」ですら「演出の一環」として割り切って使ったんじゃないかしら?


ホラー映画やゲームでよくあるじゃない?
壁に描かれた意味不明な文言、不気味なだけの謎のオブジェ、
経緯はわからないけど惨劇があったと思わせる血だまり・・・

この映画で与えられた情報は全て「そんな演出の1コマ」だったんじゃないかしら?


そもそもPOV方式が「ストーリー」よりも「演出」を見せるための手法だし。
一切ストーリーを捨て去って演出に特化した内容を目指したんじゃないかしらね?


だからこそ手に汗握るという表現が大げさでないほど、
臨場感溢れる映画が完成
したんじゃないかしらね?




・・・やだもう。熱くなっちゃった。




何はともあれ、あたしのものすごーく大好きな映画ってことよ!
見返してもやっぱり楽しかったし!


次回は続編の「REC2」についてレビューするわん。
賛否両論(主に否?w)の映画だけど、さてさてどんなレビューになるかすら?


ネタバレなしのレビューから書いてくから未見の人も読んでみてね〜!





スポンサーリンク

posted by ゆずぽち at 21:54 | Comment(0) | 映画【ラ行】レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。